三井ホームコンポーネント

ページTOPへ

完成現場見学会レポート

LTC事務所棟 埼玉工場倉庫棟 完成現場見学会レポート

6/15(水)13:30~16:15に開催しました
「CLT事務所棟、埼玉工場倉庫棟完成現場見学会」はあいにくの雨となりましたが、午前中はマスコミ関係者15社21名、午後は設計事務所、建設会社、官公庁関係者17社35名と
多くの方々にご参加いただきました。
初めに事務所会議室にて本日の見学施設についての概要にふれ、続いて2つのブロックに分かれて見学をしていただきました。

6/15(水)13:30~16:15に開催しました。
「CLT事務所棟、埼玉工場倉庫棟完成現場見学会」はあいにくの雨となりましたが、午前中はマスコミ関係者15社21名、午後は設計事務所、建設会社、官公庁関係者17社35名と多くの方々にご参加いただきました。
初めに事務所会議室にて本日の見学施設についての概要にふれ、続いて2つのブロックに分かれて見学をしていただきました。

この事務所棟は、2×4工法に国産材のCLT(CrossLaminatedTimber)を床外壁、天井部分に部材として組み合わせた初の試みです。また同時に床は衝撃音対策として、外壁と天井は断熱件仕上げ、下地用途として各性能の測定実証・施工合理化の可能性について検証をするための施設です。
参加者のご質問内容から、今後このCLTが幅広い用途で活用されることへの期待感が感じられました。

本倉庫は天井高さ7m(基礎高さ1m)、スパン長23mの木造トラスを屋根架構で構成しています。
一般的な倉庫形状が方杖付となる中、本構造での計画であれsば天井高さをフル活用でき、収蔵量は約10%増加します。
また、木造で総重量が軽いことにより基礎設計・地盤改良設計も軽微で済むコストパフォーマンスの高さもメリットと言えます。
さらに、今回は本トラス5本をまとめてクレーンで吊り上げ、建て方施工の合理化を図り、建て方工期3週間という工期短縮を達成しました。
このたび、この現場をご覧いただいた参加者の皆様からは、木造でこのスケールの施設が出来ることへの驚きの声を多く聞くことができました。鉄骨よりも基礎設計、地盤改良設計、工期などの総合評価で10%~15%安くできるコスト面についても大きな魅力としてご実感いただけました。

また今回は、三井ホームコンポーネントの埼玉工場の見学もしていただきました。また今回は、三井ホームコンポーネントの埼玉工場の見学もしていただきました。

トラスや壁や床のパネル、屋根に利用するDSP(木質断熱複合パネル)の施工風景、最新のカット機械等、普段ご覧になれない施設の裏側についてもじっくりご案内いたしました。イメージできていなかったものを身近にご覧いただけたこともあり、多くのご質問を頂戴し、皆様ご納得いただけたご様子でした。
見学会にご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。 トラスや壁や床のパネル、屋根に利用するDSP(木質断熱複合パネル)の施工風景、最新のカット機械等、普段ご覧になれない施設の裏側についてもじっくりご案内いたしました。イメージできていなかったものを身近にご覧いただけたこともあり、多くのご質問を頂戴し、皆様ご納得いただけたご様子でした。

見学会にご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

今後も現場見学会を随時開催予定です。ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 
三井ホームコンポーネント株式会社 施設開発部 
Tel:03-3242-3134