三井ホームコンポーネント

ページTOPへ

木質トラスを活用した枠組壁工法 大規模施設セミナーのご案内

主なセミナー内容

施設系大型建築は木質トラス

木質トラスを活用した枠組壁工法

大規模建築や耐火建築の採用実績が証明する三井ホームコンポーネントの木質トラスです。信頼性の高い木質トラスを提供することにこだわっています。

ロングスパンを低コストで実現できる!

ここが違う!三井ホームコンポーネントの木質トラス

1.ダブルシールドパネル

三井ホームコンポーネントこだわりの木質トラスと、構造用断熱パネル「ダブルシールドパネル」を利用。

安定した構造・断熱性能

構造用断熱パネル「ダブルシールドパネル」は断熱材をOSB構造面材で、はさみこんだサンドイッチパネル。構造材料として第37条大臣認定取得済み。最大1.82×6m。構造強度(最大スパン5.4m)あり、シンプルな架構により、安定した断熱性能を持った屋根面が施工効率よくできあがる。

卓越の構造強度

水平距離で最大約5mまで、中間支持が不要なダブルシールドパネル(6インチパネル、一般地でストレート茸の場合)。

ダイムラー・クライスラー日本(株)2t近い車両が乗っても、ほとんどたわみがないことを実証
【車両提供】
ダイムラー・クライスラー日本(株)

2.コネック

強度が優れ、錆びにくいステンレス製接合金物「コネック」の使用。

強さの秘密は接合金属!

脅威の強度で誇る接合金物メタルプレートコネクター「コネック」。
独自の技術で開発し、水にぬれても錆びにくいステンレスSUS-430を採用しています。

専門分野から講師を招き、解説をさせていただく他、「枠組壁工法の防耐火設計について」や、「設計施工のポイント」 を実際の施工実績と共にご紹介いたします。また、大スパン設計に具体的に役立つ内容 となっております。

11月のセミナーは好評のうちに終了いたしました。たくさんのご参加ありがとうございました。

11月のセミナーの様子

上記以外にも定期的にセミナー実施の予定です。セミナー情報をご希望の方はお問い合わせフォームよりお申込みください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら 三井ホームコンポーネント株式会社 施設開発部 03-3242-3134