tel:03-3242-3151
大規模建築に、想像以上のメリットを。“精度”と“早さ”に差がつく、強度にも優れた断熱構造材。DOUBLE SHIELD PANEL

木質断熱複合パネル

ダブルシールドパネル(DSP)とは

発泡成形ポリスチレン(EPS)を芯材に、広葉樹のチップを集成した構造用面材(OSB)でサンドイッチした構造用断熱パネルです。構造強度に優れ、最大で1,820×6,000mmまでサイズをご用意しているため、大規模建築にも多く使われています。木材使用率が在来の木造と比べて約1/2で済むことから、森林資源の保護にも役立っています。

公的機関や大規模建築でも多くの実績があります。

パネルのサイズ

ダブルシールドパネル EPS OSB
1820mm
厚さ 呼称4インチ 113mm 89mm 11.1mm×2
呼称6インチ 164mm 140mm 11.1mm×2
呼称8インチ 208mm 184mm 11.1mm×2
長さ 最大6,000mm

幅、長さとも任意寸法のパネルが制作可能です。

資料請求はこちら

「創る・建てる・使う」それぞれのメリット

設計士
設計士

勾配も気にせず設計できる。大空間や吹き抜けにも最適だね。

ダブルシールドパネルは、堅牢な断熱構造材のため、屋根形を選ばず、設計の自由度が高まります。公共施設など、大規模建築にも使用しやすく、大空間を容易に創造できます。

文庫幼稚園完成 文庫幼稚園完成 文庫幼稚園完成
建設会社
建設会社

構造・断熱・下地もこれ一枚。工期も短縮できるぞ。

屋根の施工で必要な「構造」「断熱」「下地」の工程を1枚で担い、工期の短縮(切妻屋根の場合1日で約500㎡程度施工)にも貢献します。「国土交通大臣37条認定」を取得し、木造軸組での火打ち梁、鉄骨造のブレースなどを省略することが可能です。

①工場でパネル生産 ②スピード搬入 ③パネル施工
施工主
施工主

室内温度ムラもしにくい。省エネにつながり、環境にもやさしいね。

大空間になるほど、室内の温度ムラが気になるもの。ダブルシールドパネルは、断熱性に優れ、どこにいても快適に過ごせる「室温バリアフリー」を実現します。光熱費も抑えられるため、省エネにもつながります。

※7月10日、11日のデータは屋根・壁ともに標準的なツーバイフォー 8月10日、11日のデータは屋根を「DS(ダブルシールド)パネル」に改築したもの

※7月10日、11日のデータは屋根・壁ともに標準的なツーバイフォー
 8月10日、11日のデータは屋根を「DS(ダブルシールド)パネル」に改築したもの

大規模建築で選ばれる6つの理由

  • 1

    短工期

    軒先の収まり

    工程も簡略でき施工がしやすい

    素材そのものが断熱材であるため、他工法では手間のかかる気密性の確保もバラつきなく簡単に行えます。作業工程も通常の施工より少なくなるため、工期が短縮できます。

    ダブルシールドパネルは接合も簡単
  • 2

    高強度

    高強度

    5m以上、中間支持不要

    彩色スレート・金属板の場合、水平距離で最大5m※以上、中間支持が不要です。また、スクリューネイルなどを使用して屋根と壁を頑丈につなぐので、台風などにも安心です。     ※6インチパネルの場合

    ダブルシールドパネル、横向き、縦向き
  • 3

    大空間

    大空間

    工法不問で扱いやすい

    ダブルシールドパネルは、異なる勾配を組み合わせた屋根形でも施工できるため、斜線制限いっぱいまで活用も可能です。また、断熱空間が不要なため、天井が広くなり、豊かな空間創造ができます。鉄骨工法、木造軸組工法など、建築構造は問いません。

    屋根ダブルシールドパネル・スパン表

    勾配
    〈コロニアル〉
    4インチ 6インチ
    0/10 4.772 5.460
    4/10 4.457 5.069

    ※縦向き配置の場合(積雪量:30cm以下)

  • 4

    高断熱

    高断熱

    天井ではなく屋根で断熱

    ダブルシールドパネルの芯材は、断熱性に優れたEPSを採用しています。屋根自体が優れた断熱効果を発揮し、室内に外気温の影響を与えにくくします。そのため、屋根の温度が75℃まで達する真夏でも、-10℃になる雪の日でも、室内は快適に過ごせます。

    • 冬は、室内の暖かさを逃がさない
    • 夏は、外の暑さを室内に伝えない
    • 室内の温度ムラもつくりにくい 
  • 5

    高耐火性

    高耐火性、ダブルシールドパネルの認定範囲

    省令準耐火性を認定済

    石膏ボードなどの耐火被覆によって十分な耐火性能を確保します。「(独)住宅金融支援機構」でも12.5mmの石膏ボードを施工することで、省令準耐火構造として認定されました。石膏ボードの仕様を変えることにより、耐火構造の大臣認定も取得しています。

    屋根にパネルを用いた場合

    屋根側 屋内側
    準耐火構造
    (30分)
    不燃材葺 石膏ボード12.5+
    石膏ボード12.5
    耐火構造
    (30分)
    不燃材葺 野緑12+強化石膏ボード15+
    強化石膏ボード15

    耐火構造については
    6インチパネル幅910mm以下を使用する

  • 6

    環境配慮

    環境配慮

    F☆☆☆☆表示を取得

    「シックハウス症候群」の原因物質の一つといわれる「ホルムアルデヒド」。ダブルシールドパネルは、(社)日本建材産業協会の「ホルムアルデヒド発散等級表示登録書」で最も発散量の少ないF☆☆☆☆表示を獲得しています。

    ホルムアルデヒド放散量表示区分(デシケーター法による)

    平均値 最大値 規格 JIS
    JAS PB・MDF
    合板・OSB・LVL
    0.3mg/L以下 0.4mg/L以下 F☆☆☆☆☆

    ※密閉容器に決められた量の試料と水を張った容器を入れ、湿度を設定条件にし、決められた経過時間後に水に溶けているホルムアルデヒドの濃度を観測する方法

屋根パネルのスパン表

屋根パネルの最大水平スパンは、下のスパン表の通りとする。最大スパンを超える場合は、中間部に母屋を入れる。
ダブルシールとパネルを屋根で、縦向きに配置する場合、下のスパン表を利用する。(横向きに配置する場合は、本表の勾配0/10の欄にて読み替えとする。)

屋根ダブルシールドパネル、縦向き 屋根ダブルシールドパネル、横向き

アイコン

屋根ダブルシールドパネルスパン表(積雪量:30cm以下)

単位:m(水平距離)

【彩色スレート・金属板】

勾配 天井荷重 支持(石膏ボード1枚)
4インチ 6インチ
0/10 4.540 5.460
4/10 4.323 5.069
6/10 4.084 4.682
8/10 3.748 4.264
10/10 3.362 3.861
12.5/10 2.999 3.411

【瓦】

勾配 天井荷重 支持(石膏ボード1枚)
4インチ 6インチ
0/10 3.763 4.730
4/10 3.645 4.522
6/10 3.488 4.307
8/10 3.286 4.067
10/10 3.080 3.790
12.5/10 2.820 3.411
アイコン

ダブルシールドパネル重量(積雪量:30cm以下)

厚み(インチ) 4インチ 6インチ 8インチ 10インチ
重量(N/㎡) 170 190 210 230
アイコン

構造計算をする場合の耐力

短期画内せん断耐力
ダブルシールドパネル屋根板 10.53kN/m

※パネルジョイント部のCN65釘ピッチ150mm(両面)の釘せん断耐力より算出。

短期せん断耐力 短期引抜き耐力
スクリューネイル 1652 N/本 1427 N/本
アイコン

屋根ダブルシールドパネル 軒の出寸法

単位:mm

積雪量
(cm)
パネル縦向き(強軸) パネル横向き(弱軸)
4インチ 6インチ 8インチ 4インチ 6インチ 8インチ
30 900 900 900 800 800 800
50 900 900 900 800 800 800
90 900 900 900 800 800 800
  • 【特記事項】
  • (1)2、3階建て共通とする
  • (2)等級1、2共通とする
  • (3)基準風速36,40m/s共通とする
  • (4)屋根勾配(0/10~12.5/10)共通とする
  • (5)彩色スレート板、金属板、瓦、共通とする
  • (6)手揚げ物件等の小割りパネルのときは、別途割付による制限があるので注意する(パネルの建物への定着長さは、軒の出、けらばの出以上とするため)
アイコン

部位U値計算シート<部位>の熱貫流率

単位:m(水平距離)

ダブルシールドパネル 6インチ
簡略計算法1による部位熱貫流率

(ダブルシールドパネル6インチ)の実質熱貫流率 W/(m²K)
仕様番号 部分名 一般部 熱橋部
熱橋面積比 0.962 0.038
熱伝導率λ
W/(m・K)
厚さd
d/λ
㎡・K/W
熱伝達抵抗Ri 0.040 0.040
OSB 0.150 0.011 0.074 0.074
EPS 0.038 0.140 3.684
木材 0.089 0.140 1.573
OSB 0.150 0.011 0.074 0.074
熱伝達抵抗Ro 0.090 0.090
熱貫流抵抗 ΣR=Σ(di/λi) 3.962 1.851
熱貫流率 Un=1/ΣR 0.252 0.540
平均熱貫流率 Ui=Σ(ain・un) 0.263
アイコン

ダブルシールドパネル用EPSの断熱性能

試験項目 単位 ダブルシールドパネル用EPSの断熱性能
熱伝導率 W/(m・K) 0.038

ダブルシールドパネル用EPSボードの断熱性能は
住宅金融公庫断熱区分C区分に適合します。

ダブルシールドパネル(DSP)設計のための詳細資料をお求めの方
  • お問い合わせ
  • 資料請求
お問い合わせ 資料請求